お金を借りる

借入先の選び方

お金を借りるにあたっては、慎重に選ぶ必要があります。今すぐに現金が必要な状
態にある方は、お金を借りることのみに執着し、融資の条件や借入の条件まで気が
回っていないのが実情です。

こうした思考が違法業者などで借りてしまう要因にもなり、やがては支払い不能に
陥ってしまうことになります。お金を借りるにあたっては、金融業者の種類に十分
気を使って選ぶべきです。

違法業者

ヤミ金融対策法が施行されているとはいえ、まだまだ違法業者は水面下で跳梁跋扈
しています。こういった違法業者の網にかかれば、たちまちの内に丸裸にされてし
まい、借金地獄に陥ってしまいます。

正規の消費者金融では借りれないからといって、こういった違法業者から借りてし
まえばますます状況が悪化してしまうのは自明の理です。どんなに窮地に陥ってい
るとしても、契約条件がおかしいと気付いた場合は、契約をする前に打ち切るだけ
の覚悟を持たなければなりません。

0

広告内容

違法業者の多くは虚偽の広告を掲載して集客をしています。大手の消費者金融より
も低い金利を掲載していながら、実際に融資を申し込んでみれば都合の良い話をさ
れて、実際の金利は上限金利よりも高いものだったというケースは少なくありませ
ん。

普通に考えれば、名もない零細金融業者が大手よりも低い金利で貸せるはずもない
のですが、金策に血眼になっている多重債務者は冷静な判断を下せない状況になっ
ていることが多く、そのような手口に引っ掛かってしまいます。

いずれにせよ、出資法で定められた上限金利を上回る金利を取る業者は間違いなく
違法業者なので、絶対そのようなところには手を出してはなりません。